蝦夷からつぶやいてます

日々の気になることを文章やイラストにして、思考を整理中。

観光名所でジンギスカン

 

こんばんは。

ゆるっくすです。

 

ごく最近の話、他県に住む私の弟が、数年ぶりにひとり我が家へやってきました。

元道民なので観光したいわけでもなく、ひとりで来たおじさんをどうしようか・・と悩んだあげく、でもやっぱり北海道っぽいところ!と羊が丘展望台へ連れて行ったのです。目的はジンギスカンランチです。

 

ここは札幌の象徴ともいうべき「ボーイズビーアンビシャス」で有名なクラーク博士の銅像がある場所。

緩やかな丘の上にあるため石狩平野・札幌市街地を見渡すことができ、その広い牧草地では羊達が牧草をはむ姿に出会うという、牧歌的な風景が広がっています。

 

実は10代の頃に訪れて以来、ウン十ウン年ぶりに訪れた私。

「こんなキレイで広い所だった!?」と、記憶との違いに驚いてしまいました。

クラーク像の前には写真を撮るべく長蛇の列ができ、カメラマンが写真を撮るという商売もされておりました。こういうサービス、あったかなぁ?

悲しいかな、まったく記憶にございません。

f:id:yulux:20181201172348j:plain

10匹くらいいた羊達。

寒空の下、観光客の方達が可愛い可愛い言っていたので、近くへは寄ってこない羊を柵越しにじっと見つめていたら、1匹の羊が見つめ返してきました。

 

動物と目があったら、先に視線を外した方がやられる!という鉄則が頭をよぎる中、羊は思いの外可愛らしくて、視線を外せないというか、目を離しませんでした。

 

私の中の可愛いお顔や愛らしいの定義。

例えばお顔ならば・・・

f:id:yulux:20181201173533j:plain

 丸いもの、フワフワのもの、ゆるっとした表情。

自分がどちらかというと「つまった顔」のせいか、こういうものが好みだったりするのです。

 

あまりにも凝視されていることに羊も危険を察知したのか飽きたのか、目線を外して遠ざかってしまいました・・・(._.)

人慣れしてるっぽいのですが、コミュニケーションはとれないのです。

まったくもって好みの外見であるのに、残念なことです。

 

そしてその後・・・ 

f:id:yulux:20181201175704j:plain

( ゚Д゚)

 

 なんともブラックな展開となってしまいました。

 

色々私見を述べてきたのですが、結局のところコミュニケーションをとってしまうと気が咎めることとなってしまいそうなので、逃げられてよかったのです。

 

ここは北海道らしい風景と美味しいジンギスカン、ソフトクリームが良いな~と、今や道民ではなくなった弟が感激しておりましたので、連れていって正解でした。

普段行かない観光名所もたまに行くと楽しめますね。

 

因みにここのジンギスカンのタレは甘味が少ないさっぱり醤油系で、沢山食べても飽きないであろうお味でした。

 

是非北海道へお越しの際は足を運んでみてください。

  

ではでは