蝦夷からつぶやいてます

日々の気になることを文章やイラストにして、思考を整理中。

オペラ座の怪人で妄想してみる

 

こんばんは。

ゆるっくすです。

 

当ブログへのご訪問、ありがとうございます!

 

以前、ミュージカルが好きだ!という記事を書いたことがあるのですが、最近はさっぱり観る機会が減り、熱も冷め気味だったのです。

 

ところが先日FM西東京を聞いていたら偶然、ミュージカル女優が担当する番組が始まりまして。

ミュュージカルについての語りや生歌等聴いているうちに、またふつふつと内なるミュージカル愛が再燃し始めてきたではありませんか。

 

頭の中をエンドレスでグルグルと鳴りっぱなしだったオペラ座の怪人のテーマ曲。

最も好きなミュージカルです。

 

パリ・オペラ座に棲みつく怪人が若手オペラ歌手に恋をし、またこの歌手の幼馴染であるお金持ちの青年が現れ、そして謎の殺人事件も勃発して!物語が動き始めます。

この怪人の正体とは?殺人事件の犯人は?恋の行方は??

 

また舞台を観たい!。

ユーチューブで見れるとすれば名場面が飛び飛びで、到底満足は出来ません。

なので以前舞台を観た時に妄想していたことを、漫画に描いて懐かしんでみることにしました。

 

f:id:yulux:20180902171150j:plain

 

何度も観ているのに、モヤモヤする場面がくると頭の中で色々言ってしまいます。

悲しいかな。老婆心からくる妄想なのです。

 

現実の生活においては自分はアドバイスのつもりでも、相手との関係によっては余計なお世話や嫌味となってしまうこともあるので、やみくもに言えばいいということではないのです。

なので物語くらいは妄想して、やみくもに言ってみたいと思います。 

 

ではでは