蝦夷からつぶやいてます

日々の気になることを文章やイラストにして、思考を整理中。

奇妙な話③

 

こんばんは。

ゆらっくすです。

 

前回更新したブログで、霊をみたかもしれない?という話しを書いたのですが、何だったのかなぁ・・だけでは終わりませんでした💦今日はその続きです。

 

またまた身の上話でお得情報もありませんが、お時間があれば見ていただけると嬉しいです!

 

 

後日談なんですが、夫が知り合いに世間話で「霊のようなものを見たかも・・」と話しをしたことから、この話しは思わぬ動きをみせ始めました。

 

その知り合いというのがある宗教の熱心な信者で(その時まで知らなかった)、ご自身が通っている所に、お寺ならば住職のような立場の方がいるそうで、その方に相談しろ!心配だ!という話になったのです。

なんか予期せぬ感じになってきたぞ・・・と不安がよぎりました。

 

当時近い親族が病気を患ったりしていて、何か家に災いが起きているのかもしれない!と、あまりにも鬼気迫る感じだったので、まだ若かった私達はばっさり断る勇気もなく、ついにお祓いを受けることとなりました。

 

f:id:yulux:20180531080442j:plain

その方の見立てによると、夫が見た影?は角巻を身に着けた私のおばあちゃん、らしいのです。確かにおばあちゃんは真冬に亡くなりましけど、え~・・( ゚Д゚)

 

私を心配している、とのことで。まぁ、そうなんでしょう。

 

 

その後お祓いの成果なのかは分かりませんが、怪しいものを見ることはなかったのです。何度も見たいものではないので、良かったのですが。

 

 

ただただ分かったことは、世間知らずだと色々な渦に巻き込まれてしまう、ということでしょうか。

 

何だか気が進まない!腑に落ちない!等と勘が働いた時は、相手にどう思われようとも、どんな手を使ってでも今なら逃げちゃうよ~!

 

いやはや。なんとも奇怪な事になった、というお話でした。

 

 

ではでは