蝦夷からつぶやいてます

日々の気になることを文章やイラストにして、思考を整理中。

人生初 のペットはヒヨコだった

 

こんばんは。

ゆらっくすです。

 

以前にもこのブログで書いたのですが、鳥愛が強いのです。

それは人生で初めてペットとして飼ったのが鳥だったからと思われます。

鳥の声にはすぐ反応するよう、インプットされているようです💦

 

小学生の頃のことですが、一緒に住んでいた祖父母が、夏祭りでヒヨコ3羽を購入してくれました。

昔は金魚すくいと共に夏祭りの定番だったのです。

 

何故3羽だったのか…もしも直ぐに亡くなってしまったら、孫が悲しむ?とか、色々考えてくれたのでしょう。想像ですが。

 

そして祖父母の不安は的中。

2羽はすぐに亡くなってしまいました💦

 

夏でも夜は涼しい、を通り越して寒い!ことも少なくないのが北海道。

その晩も冷え込んできたので、祖父が簡易湯タンポ(蓋付プラスチック製容器にお湯を入れたもの)を作り、ヒヨコが入っている箱にタオル等と一緒に入れていました。

 

しかしそれでも寒さをしのげなかったのか、3羽は折り重なり、1番上にいた一羽のみが助かる惨状・・・その生き残りのヒヨコが、人生初のペットとなったピッピです。

 

当時を再現しましたので、ご覧下さい⬇

f:id:yulux:20180522162128j:plain

 

気付いた時には激しい大人のオスへと成長していたピッピ。

もうそうなると、家の中で飼うのは到底無理!

当時の実家には温室があったので、そこで飼うことになったのですが…

 

日が昇るとコケコッコー、住宅街に響き渡り💦ご近所から苦情、苦情、苦情❗❗。

 

結局祖父の判断で、知り合いの農家さんに引き取られていきました…予期せぬ早い別れで、ショックだったなぁ…

 

ペットの諸問題が取り沙汰されて久しいのですが、飼いたいと思った時、その後の生活のシュミレーションをしてみることが大切なのだろうと思います。

お互い悲しいことになってしまわないように。

 

ピッピの事を思い出しながら、まじめに考えてみた次第です。

 

 

ではでは

鳥好きな人の、昔話でした。