蝦夷からつぶやいてます

日々の気になることを文章やイラストにして、思考を整理中。

ニセコの思い出を語る②

おはようございます。

ブログ機能勉強中の四十路 ゆらっくすです。 

 

 

さて、先日の「ニセコにまつわる思い出は」の2つ目は、ニセコで出会ったペンションオーナーさん達についてなんですが。

出会ったきっかけはテニスを始めたからなんです。

 

初めて暮らす土地、知り合いを増やしたい!誰かと話したい!という気持ちが日に日に増していき、気が変になるんじゃないか、と思うほどでした(笑)

そんな時、夫の仕事の関係で知り合った方から「テニスの講習会へ行ってみない?」というお誘いがありまして。

二つ返事で行きました。

 

軟式テニスは部活でやっていたので得意でしたが、硬式テニスは学生時代にテニスサークルで少し経験したのみ。

でもま~大丈夫だろう!と高を括っていたら、とんでもなく出来なかった・・・

 

こんな感じです↓

f:id:yulux:20180423191636j:plain

 

スイッチが入ってからはテニスの集まりの話を聞きつけたり、声がかかったりすれば練習に参加させてもらいました。

足手まといだとは思いましたが。

 

町の講習会や、ニセコのペンションオーナーさん主催の講習会・・そこでたくさんの方達と知り合う機会となりました。

 

その中でコーチ、生徒としても参加していたペンションオーナーさん達。

聞けば

神奈川、長野、京都、山形、熊本だったかな・・九州出身の方等、日本全国津々浦々、もともと道民です!って方には会わなかったなぁ。 

 

繁忙期の冬が終わり、夏場の空いた時間を利用してテニスを教えてくれたり、レッスン受けたりしている、と話していました。

 

其々の土地の文化、お国訛り等々たくさん触れる機会があり、面白い町へ引っ越しできたなぁと思えたのでした。

  

その後、夏は真っ黒に日焼けするまで練習し、冬は吹雪の中歩いて町の体育館へ行って練習した結果、私のテニスの腕前はメキメキと上がり、ゲームが成り立つほどになりました!

  

教えてくれた方々、一緒に練習してくれた方々、ありがとー!!!

 

③へ続きます!